人気ブログランキング |

家族という病

懸賞 2015年 09月 04日 懸賞

ちょっと前に読んでみた

『家族という病』 下重暁子さん著書

帯に「家族ほど、しんどいものはない。実は一番理解しがたい存在である。」

なにこのアンチテーゼ

家族が幸せなんて幻想に過ぎない、綺麗ごとと真っ向から反論している。

b0010087_2201495.jpg


目次を見ると、

「なぜ私は家族を避けてきたのか」

「家族の期待は最悪のプレッシャー」

「夫のことを「主人」と呼ぶ、おかしな文化」

「結婚ぐらいストレスになるものはないわ」

「孤独死は不幸ではない」

「親は要介護になってはじめて弱い姿をわが子に見せられる」

「知的な家族ほど消滅する」

「家族写真入りの年賀状は幸せの押し売り」

などなど、近年私自身も疑問視しているようなことと当てはまり、

その一つ一つが、とても胸に突き刺さるようなお題なのだ。

ここまで家族に対して反抗的なのに

不思議な事に、ご自身は既婚者でいらっしゃる

読み進めて行く間に、誰かに似てるんだよなあ

自分の母親だ

このサッパリしてハッキリしたもの言い

今年のゴールデンウィークに実家へ行った際

そんな母親から、車の中で2人きりになった時に

ハッキリと言われたことがある。

「もしお父さんが亡くなっても、コッチに来なくていいからね、

私、独り暮らしをしたことがないからしてみたいの」

ちょうどその頃、もしそんな事態になったら

私はフットワークが軽いし

鹿嶋に引っ込むのもありかなぁなんて考えたこともあったが

余計な心配だったかもしれない、

母は、思った以上に逞しかった。

タイムリーにこの本を読んでいて


「親は要介護になってはじめて弱い姿をわが子に見せられる」


は、割といい判断基準かもしれない

私もその頃まで、存分に好き放題やらせてもらうことにするわ

まあ何かあったら1番に駈けつけるけどね

by lily-rock | 2015-09-04 21:00 | BOOK

<< 風邪なんかひいちゃったりして   たしかに買っちまった方がお得な... >>